福島県葬祭業協同組合

葬祭サービスガイドライン 葬祭サービスガイドライン
良い葬儀社、悪い葬儀社の見極め方 良い葬儀社、悪い葬儀社の見極め方
当組合は全葬連に加盟しています 全日本葬祭業協同組合連合会

葬儀社の紹介(福島県葬祭業協同組合加盟葬儀社)

福島県葬祭業協同組合加盟葬儀社 福島県葬祭業協同組合加盟葬儀社

ごあいさつ

 こんにちは。
 福島県葬祭業協同組合のホームページにおいでいただきありがとうございます。

 私たちは、福島県全域をカバーし、地元に根差し、常にお客様の身になったサービスの提供に努めている葬祭専門事業者の団体です。日本最大の葬祭専門事業者団体である経済産業省認可全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の一員でもあります。

 平成23(2011)年3月11日の東日本大震災の時、私たちは福島県および福島県警察本部の要請に応じ、密接な連携の下に、組合員挙げて被災支援活動を展開しました。
特に相双地区では、火葬能力を超えてしまい、その地では火葬できないご遺体を、二本松、会津若松、郡山等の火葬場に送るという仕事を行いました。
 この活動は、私たちだけでなく、全葬連に加盟する京都、東京、神奈川、栃木、
新潟、北海道の仲間たちの応援協力の下、行われました。彼らは東京電力福島原子力発電所の事故で、日本国内はもとより、世界から「フクシマは放射能汚染で危険」と言われ、多くの人が福島県入りをためらっていた時にもかかわらず、被災者支援のために駆けつけてくれました。寝袋、水、食料等を持参の上、私たち福島県葬祭業協同組合の所属員と一緒に、献身的にその任務に当たりました。「地域のお役に立てる」ことが、全葬連ならびに私たち福島県葬祭業協同組合の願いです。

 私たちは、全所属員が、消費者の方々個々に寄り添い、ご葬儀をお世話するプロ(専門家)でありたいと思っています。そのため厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査の葬祭ディレクターの資格、全葬連(全日本葬祭業協同組合連合会)葬祭事前相談員の資格を得るよう研鑽を積むよう努力をしており、すでに多くの資格者がいて現場で皆さまのお世話をさせていただいています。また、生前、死後をサポートするif共済会等もご用意いたしております。
 私たちが最も大事にしていること、それは死という重大事にあたり、それぞれの方の事情、希望を充分にお聴きし、汲み取り、寄り添うことです。地域の生活文化にも配慮しつつ、喪家の皆さまと亡くなった方の尊厳を第一にこの仕事に携わっております。

福島県葬祭業協同組合の歴史・沿革

昭和54年8月4日
(1979年)
法人設立
平成22年3月24日
(2010年)
福島県・全日本葬祭業協同組合連合会・福島県葬祭業協同組合との三者で、災害時協定の締結
平成25年3月11日
(2013年)
東日本大震災の活動に対し、厚生労働大臣より感謝状拝受

生前予約のif共済会

生前予約のif共済会

if共済会は「もしも」の時遺されたご家族の負担を少しでも軽くしていただければと願って生まれた 全国ネットの”安心と信頼”の相互扶助のシステムです。
1万円の入会金で”もしも”のとき、真心のこもったお葬式の施行と、弔意金がお受け取りになれます。
また、優待サービスを多数用意しております。 生前予約のif共済会

▲ ページトップへ